研究報告書について

平成30年度研究報告書について

1. 研究報告書、助成金収支内訳報告書の提出について
期限内に研究報告書(B5)、助成金収支内訳報告書(A4)を作成印刷し、事務局までご提出ください。 また、研究報告書については、別途データ(ワード様式)もメールにてご送付願います。

2. 各報告書提出期限について
各報告書の提出期限は、平成31年4月30日(火)必着です。尚、期限日を経過しますと事務手続に支障をきたす場合がありますので、厳守願います。

3. 助成を受けた研究の取り扱いについて
研究助成金の交付を受けて行った研究の成果として生じた知的所有権や工業所有権については制限をしておりません。(当財団研究助成金等交付規程第8条)
ただし、助成を受けた研究を発表する際は、その旨を記載ください。当財団の英語表記は「The Public Foundation of Elizabeth Arnold-Fuji」です。

4. 研究助成金の交付中止について
研究助成金は原則として返済する必要はないですが、正当な理由なく研究を中止又は休止した場合は、助成金の交付を中止、かつ助成金の金額又は一部の返済を求めることがあります。

※ 各報告書のフォーマットはこちらをご利用ください。